ペニス増大サプリの効果や性能ランキング比較

シトルリンは危険な増大サプリの成分【効果や量に騙されるな】

ペニス増大サプリ関連情報

ペニス増大サプリの必須成分として最も有名なシトルリンですが、その効果や摂取量、副作用などについて正しく理解しておかなければ、サプリ選びの際に失敗して騙された!ということになります。シトルリン配合のサプリを長年使用してきた体験、実践から詳しく説明します。

シトルリンの作用と効果

シトルリンの作用と効果

シトルリンはスイカから発見された人の体を構成するアミノ酸の一種です。体内で(血液中)アルギニンに変換され、その際、一酸化窒素(No)を多く排出し、血管拡張し血流を送る作用をします。この作用には様々なアンチエイジング効果があるとされています。

主な効果・効能

  • 筋肉増強、運動機能向上
  • 肥満改善・ダイエット
  • ED改善
  • 冷え性やむくみ改善
  • 肌や抜け毛などの改善
  • 集中力アップ
  • 心疾患の予防

シトルリンは精力効果がメインではなく健康?

シトルリンは精力効果がメインではなく健康?

アメリカでは健康食品や筋肉強化などのサプリメントに使用され、ヨーロッパでは抗疲労用医薬品として古くから使用されていました。日本でも2007年に(食品)サプリメントへの配合が解禁になると、ダイエットや筋肉強化リなど健康・体質改善、勃起・増大など精力サプリなど幅広く使用されています。
上記の効果・効能を見てもわかりますが、精力効果に特化している成分というわけではなく、むしろ健康や体質改善がメインだということは知っておかなければなりません。

アルギニンと摂取で効率アップ

アルギニンと摂取で効率アップ

シトルリンが体内でアルギニンに変換される際、全てが変換される訳ではないので、アルギニンも追加で同時に摂取すると血流・血管拡張作用において効率がアップします。なので血流作用が最重要のペニス増大効果にとってはこの2成分は必須であり、どの増大サプリにも配合されているわけです。
シトルリンはアルギニンに比べ、吸収効率も良いです。

シトルリンの摂取量の目安

シトルリンの摂取量の目安

過剰摂取など使用法を間違わないことも安全性、副作用に注意する上で重要です。特に近年のペニス増大サプリはシトルリンの量をウリにしたものが多いので推奨摂取量も理解しとくべきです。
シトルリンの推奨摂取量は1日800mgです。
DHCなどのサプリメントを見ても、1日の摂取量(用法)は700-800mgになっています。

あくまで目安であり、Nowなどの海外製品では1000mgを超えたものもあります。2000mgの商品もありますが、目安の倍以上を毎日摂取となると流石に副作用のリスクも高まってくると思うので注意した方が良いです。
更に「シトルリン量が多過ぎる=他の成分が殆ど配合できないということになり、多くの成分同士の相乗作用が増大効果につながる増大サプリにとっては大きなマイナスです。

シトルリンの副作用

シトルリンの副作用

シトルリンはサプリメントに幅広く使用されているので、安全な成分というイメージがありますが、医薬品でも使用されることや日本では中々解禁にならなかったことを踏まえると、副作用の危険性があることも知っておかなければなりません。
摂取量を守り正しく使用すれば、副作用の報告はないようですが、稀に以下の副作用が起こると考えられています。

  • 胃腸負担による腹痛
  • 血圧低下
  • 頭痛
  • 鼻づまり

シトルリンを含む食べ物

シトルリンを含む食べ物

シトルリンは食事・食べ物でも摂取できますが、摂取量が少ないのでサプリメントで摂取するのがおすすめとなります。

  • スイカ(180mg)
  • ヘチマ(57mg)
  • メロン(50mg)
  • 冬瓜(18mg)
  • ゴーヤ(16mg)
  • きゅうり(9.6mg)

常に食べる食材というわけでもないので、毎日食べることが可能で血流改善効果があるお茶、魚、海藻、納豆、酢、キノコ、野菜、ネギ(オサカナスキヤネ)を意識して食べるようにしましょう。
体験でもサプリが効きやすくなり実感力が上がった効果がありました。

シトルリンの濃縮【重要:騙されるな!】

広告などで有名な増大サプリの中には、公式HPにシトルリンの「濃縮」という言葉を使ってる商品があります。
例えば、ブラビオンSは濃縮によって1日にシトルリン3000mgを摂取できるとあります。ただ1日の総成分摂取量(用法用量)は3粒で約1400mgです。完全にオーバーしているのでネットでも「嘘では?多く見せる為の言葉の言い回し?」など疑問の声が上がっています。

ブラビオンと同じく広告で有名なヴォルスタービヨンドブラストの公式HPでは、

シトルリンの濃縮タイプについて(ヴォルスタービヨンドブラスト公式より)

シトルリンやL-アルギニンなどの粒子状の(アミノ酸)は、そもそも粒子状の成分です。純度100%の原料をさらに濃縮する技術は世界各国の研究機関のみても実例を見たことがありません。

とシトルリンなどの粒子を更に濃縮することはできないと警鐘を鳴らしています。
ライバル製品が公式HPであえて突っ込みを入れているということは、信憑性あると言えますね。

つまりシトルリンの名を利用し、濃縮という言葉を使って「配合量を多く見せている」ということでしょう。ヴォルスタービヨンドブラストが言う通りだと考えられますし、3000mgがカプセルに収まってない点や仮に収まるとしても摂取目安量を大幅に超えてるので、過剰摂取、副作用などの問題があります。
公式で「濃縮タイプ」などの言葉を使っている商品には騙されないよう注意が必要です。

シトルリンを配合している有名な増大サプリ

シトルリンを配合している有名な増大サプリ

ネットでシトルリンが配合されている特に有名な増大サプリとシトルリンの配合量、1日の成分摂取量を挙げておきます。

  • ブラビオンS:シトルリン量100倍濃縮1日3000mg、総摂取量約1400mg収まってない
  • ヴォルスタービヨンドブラストブラスト:シトルリン量1日約1043mg、総摂取量約2000mg収まっている
  • ペニブーストプレミアム:シトルリン量100倍濃縮1日2000mg、総摂取量約1400mg収まってない
  • ギムロットα:シトルリン量100倍濃縮1日1560mg、総摂取量約700mg収まってない
  • ヴィトックスα extra edition:シトルリン量記載なし
  • ゼルゲインEX:シトルリン量1日約1200mg、総摂取量約2400mg収まっている

「濃縮」という言葉を使っているものがカプセル(成分総摂取量)に収まっていないということになるので、やはり「濃縮」は量を多く見せる為の嘘なんでしょうか。
更にヴォルスタービヨンドブラストとゼルゲインEXは、シトルリン以外の他成分を配合できる十分な容量があることもポイントです。

こちらの有名サプリの性能の比較表も参考にしてください。
ネットで有名な増大サプリの性能比較表
ゼルゲインEXが成分などの性能は他を圧倒しています。3種類のタイプ、タイムリリースカプセルなどの付加価値、更に値段も同じなので1番おすすめなのは間違いありません。

ゼルゲインEXの効果や口コミ・成分評価【公式サイトは破格】
ゼルゲインEXの効果と成分や飲み方、最安購入や口コミ評価。3タイプで成分数は約240種、特殊なカプセル使用など多くの特徴あり。2019年令和最新のペニス増大サプリで性能、効果ともに他のサプリ比べて、圧倒的な高評価なのでおすすめです。

実践からも一番効果が高かったです。

ペニス増大サプリにおけるシトルリンの必要性【総括】

ペニス増大サプリにおけるシトルリンの必要性

シトルリンは健康やダイエット、筋トレサプリにも配合されているようにあくまで体質を構築するアミノ酸です。
すっぽんや蛇系などの動物系成分と比べれば直接精力面に関して作用するものではなく、間接的な役割です。毎日摂取することで増大しやすい体質を構築していくと考えるのがわかりやすいです。

当サイトの体験でもシトルリンをウリにするサプリを数々実践してきましたが、シトルリンによって効果が左右したと実感したことはないに等しいです。それより成分数やタイプ、特徴、摂取量など総合的な性能によって効果が左右されています。なので、シトルリンの重要度というのは高くないと判断しています。

ただアルギニンとの相乗作用、吸収性、血管拡張・血流作用などの働きはペニス増大に一役買っているのも確かです。平均の800mg以上で過剰摂取レベルでなければプラスですが、さほど量に捉われる必要もないでしょう。アルギニンと配合いれてればいいですし、他の成分や構成、総摂取量などシトルリンに変わる特徴があればいいでしょう。

増大サプリには多くのアミノ酸、ビタミンやミネラルなど精力効果に関係が薄そうな成分が数多く含まれていますが、混ざり合うことで精力成分の効果を上昇させたり、健康面を強化することで効果を出しやすくさせたりする働きがあるので、どれも必要というか成分数が多いことに越したことはないと思います。ただし、成分数が多い場合はゼルゲインEXのように3タイプにて効率を上げたり、摂取量を多くして1成分の量を減らさないことが重要です。

コメント