ペニス増大サプリはタイプ数で増大効率が決定【有能商品ランキング比較】
ペニス増大サプリの効果や性能ランキング比較

ペニス増大サプリはタイプ数で増大効率が決定【有能商品ランキング比較】

ペニス増大サプリの性能比較

ペニス増大サプリのタイプ数とは錠剤やカプセルの数ことであり、殆どの商品が錠剤またはカプセルの1種類ですが、高性能のものは3タイプまで存在しています。これまでの研究によって増えて進化してきた過程からも、多い方が効果的であることは確かであり、「増大効率」において大きな差がでます。

ペニス増大サプリのタイプ数の重要性

ペニス増大のタイプ

増大サプリは錠剤またはカプセルの1-3種類で構成されている。この中に色々な成分が入っており、このタイプ数、構成によって増大作用、効率、効果力、即効性などに大きく影響してくる。

1タイプだと当然1錠に入る成分数は限られる。詰め込むことはできても、各成分が微量となってしまうので、多くの摂取量が必要となってきてしまう。複数錠飲んでも全てが同じなので、体内で単調な作用しかできず効率が悪い。

逆に3タイプであれば、成分数だけでなく摂取量も増やすことができるメリットや、それぞれに役割をもたすなど、製造側の意図した増大作用を実現しやすくなる。それぞれが体内で混ざり合うタイミングや混ざり合った時の相乗作用など、増大における多くの過程を考慮できるということだ。なので、3タイプは研究費や開発費が多くかかっていることになるが、殆どの3タイプ商品は1タイプと変わらない価格設定なので、その点でも価値があると評価されている。

また近年では、錠剤やカプセル自体に特徴を加えたものが登場している。例えば、胃ではなく腸で溶けやすいタイムリリースカプセルや、溶けやすいソフトカプセル(生タイプ)など。これらは、浸透性や吸収性に優れ、即効性や効果力に影響してくるので大きなプラス要素です。

実際に成分数や摂取量が増える点、開発コストがかかる点、3タイプが殆ど存在しない点などからも貴重で、進化した高性能であることは間違いありません。成分数同様に「必須なものだけに絞った」「不要なものを排除」など、1タイプの方が効果的であるような文言には注意しましょう。

ペニス増大サプリをタイプ数でランキング比較

では当サイトがピックアップしたネットで有名なペニス増大サプリのタイプ数の比較だ。

商品
(構造評価順)
タイプ数 特徴 タイプ評価
(順位)
ゼルゲインEX
ゼルゲインEX
カプセル3種 タイムリリースカプセル 5.0
(1/43)
ゼルタイン
ゼルタイン
カプセル3種 3種が生タイプ 5.0
(2/43)
バリテイン221
バリテイン221
カプセル3種 1種が生タイプ 5.0
(3/43)
ボルギア3
ボルギア3
錠剤1種+カプセル2種
5.0
(4/43)
グロスリンα
グロスリンα
錠剤3種 5.0
(5/43)
ゼナフィリン
ゼナフィリン
錠剤1種+カプセル1種 4.0
(6/43)
ゼファルリン
ゼファルリン
錠剤1種+カプセル1種 4.0
(7/43)
凄十
凄十
カプセル1種 ソフトカプセル 2.0+
(8/43)
エンペラス
エンペラス
カプセル1種 ソフトカプセル 2.0+
(9/43)
プロキオン
プロキオン
カプセル1種 ソフトカプセル 2.0+
(10/43)
ゼクナール
ゼクナール
錠剤1種 水溶性成分配合で
溶けやすい
2.0+
(11/43)
ヴァレクシィ
ヴァレクシィ
錠剤1種 2.0
(12/43)
ヴォルスタービヨンドブラスト
ヴォルスタービヨンド
ブラスト
カプセル1種 2.0
(13/43)
ガガドラス
ガガドラス
カプセル1種 2.0
(14/43)
スパルトT5
スパルトT5
カプセル1種 2.0
(15/43)
inVicter82500
inVicter82500
カプセル1種 2.0
(16/43)
ブラビオンS
ブラビオンS
カプセル1種 2.0
(17/43)
ペニブーストプレミアム
ペニブーストプレミアム
カプセル1種 2.0
(18/43)
ジルノイドプラス
ジルノイドプラス
カプセル1種 2.0
(19/43)
シドルフィンEXハイグレード
シドルフィンEX
ハイグレード
錠剤1種 2.0
(20/43)
テストコアNo3
テストコアNo3
カプセル1種 2.0
(21/43)
アプソルシン
アプソルシン
カプセル1種 2.0
(22/43)
ベガリア
ベガリア
カプセル1種 2.0
(23/43)
殿下の砲塔
殿下の砲塔
カプセル1種 2.0
(24/43)
レッドドラゴン ハイグレードエディション
レッドドラゴン
ハイグレードエディション
錠剤1種 2.0
(25/43)
ゼラックス
ゼラックス
錠剤1種 2.0
(26/43)
百凱王
百凱王
カプセル1種 2.0
(27/43)
エディケアEX
エディケアEX
錠剤1種 2.0
(28/43)
ビトレリン
ビトレリン
錠剤1種 2.0
(29/43)
バイタルアンサー
バイタルアンサー
錠剤1種 2.0
(30/43)
活力支援サプリメント
活力支援サプリメント
錠剤1種 2.0
(31/43)
ギムロットα
ギムロットα
カプセル1種 2.0
(32/43)
フュージョンEXプラス
フュージョンEXプラス
カプセル1種 2.0
(33/43)
男の建食
男の建食
錠剤1種 2.0
(34/43)
シトルリンDX
シトルリンDX
錠剤1種 2.0
(35/43)
ペプチア
ペプチア
錠剤1種 2.0
(36/43)
マカDX
マカDX
錠剤1種 2.0
(37/43)
ヴィトックスα EXTRA Edition
ヴィトックスα
EXTRA Edition
カプセル1種 2.0
(38/43)
ヘラクレス
ヘラクレス
錠剤1種 2.0
(39/43)
ゼノファーEX
ゼノファーEX
錠剤1種 2.0
(40/43)

ルプスLX
錠剤1種 2.0
(41/43)
マカエンペラー
マカエンペラー
カプセル1種 2.0
(42/43)
クラチャイダムgold
クラチャイダムゴールド
カプセル1種 2.0
(43/43)

増大構造はその商品の独自のものであり、タイプはそれを実現する大切な要素。成分種、成分数を知った上で、構造を見れば、どういったペニス増大サプリなのか、誇張された表現が本当なのか、その商品の効果の真偽が見えてくるはずだ。

有名増大サプリの比較表
2020年の有名増大サプリの比較表です。効果に影響する成分以外の項目もあるので参考にしてください。

ペニス増大のメカニズム

ペニス増大のメカニズム

まず、ペニス増大サプリってどのように増大するのか、ネットで簡単に調べて出てくる答えはこうだ。
「アミノ酸成分L-シトルリンが血流を促進し、血流の増大によってペニスが大きくなる」
ペニス増大サプリの始まりとも言えるメカニズム。この説が公に発表された事でペニス増大サプリのブームになった。しかしこれは十年以上前の話。

効果があるとされる現代のメカニズムは、シトルリンやアルギニンのようなアミノ酸系、すっぽんやマムシ等の動物系、マカや冬虫夏草等の植物系、更に神経作用系、ビタミン系等の成分が体内で相乗作用を起こし、増大に必要な細胞を形成し組織、増殖させ、ペニスに送り込む血流を増加させ増大に至る。

増大構造を細分化すると、
細胞の増殖、組織化→細胞の活性→血流の増加→海綿体への血流の増加→海綿体の活動量の増加→ペニスの増大
といった過程が必要となる。
簡単に言うと、
組織・細胞・血流
これが増大基本3構造とも呼ばれている。
最終過程は「血流」なので血流促進を掲げた増大サプリが殆どです。

重要な事はアミノ酸系、動物系、植物系、その他、どれが欠けても良くない。増大成功率に関わってくる。
また、それぞれ特徴があり、アミノ酸系は「ペニス増大の為の基礎を形成」、動物系は一番の増大や精力効果、植物系は効果が動物系には及ばないが安全度が高い、という特徴がある。
故にどれが欠けてもダメなのだ。

歴史から増大構造をひもとく

ペニス増大サプリのメカニズム(構造)は時代の流れによって進化している。
増大サプリが登場し出した12年ほど前は、単にシトルリンと少量の動物、あるいは植物精力成分による「血流をアップさせる」という「1構造」であった。
その為、成分も10種前後と少なかった。1構造では増大効率は格段に下がる。成功したとしても時間がかかる。

それから進化し5-6年前になると、「ペニス増大基本3構造」が一般的になる。この登場でペニス増大サプリは万人への成功率を高め「効かないモノから効果があるモノ」として認知され人気が出始めた。

増大基本3構造とは、成長細胞の増殖、活性→組織化→血流アップという「3段階」でペニス増大する構造。
段階的に行う事で効率を高めたのだ。しかしこの構造を実現するには最低でも成分は20種以上必要、また錠剤やカプセルのみの1タイプでは難しいとされ、「錠剤とカプセルの2タイプが主流となった。

2タイプであれば、この段階的な増大構造を理論的に効率良く行えると考えられていた。
そしてよりペニス増大の効率を上げる為に、成分100種含んだモノが登場するなど、高性能商品が登場するようになる。

近年更に進化し、増大基本3構造の効率を更に上げる3タイプが登場しブームとなった。
「増大構造が3構造ならば、3錠それぞれに役割を持たせれば効率的。」と最も合理的な考えであった為、ユーザーに受け入れられたのであろう。
また初心者に効果を発揮しやすい事から「増大基盤・増大基礎」を強化するのに特化していると言われている。

その後は3構造をベースに更にこの工程を繰り返し行えるような「再増大」要素が加わったり、現在(2019)では最新ゼルゲインEXなど3タイプに成分や構造で付加価値をつけて進化させるのが主流になっている。

このようにこれからのペニス増大サプリは何か特化している要素や新しい要素、効率を上げる為の要素が構造に組み込まれていないと、ユーザーの心を捉える事ができないんではないだろうか。また進化しても価格が変わらない(主流は1万2000円前後)という点で、知識があれば損をせず、自分が求めるモノも選ぶ事ができる。

コメント