ゼクナールは効果なし?成分や副作用の検証【体験評価】
ペニス増大サプリの効果や性能ランキング比較

ゼクナールは効果なし?成分や副作用の検証【体験評価】

3.0
ペニス増大サプリ商品の効果
ゼクナール

ゼクナール(Zeqnall)のペニス増大サプリ評価

ゼクナール(Zeqnall)のペニス増大サプリ評価

ゼクナールは2017年頃発売され、2020年辺りにリニューアルされた商品です。当初はカプセルと錠剤2種の3タイプでしたが、逆に錠剤1種の1タイプとなりました。公式サイトから全てを1粒に凝縮したとのことで、特徴成分など同じなようです。

成分と特徴

ゼクナールの成分

ゼクナールの公式ページでは配合されてる全成分の情報がありません。特徴を見る限りでは前作と似ており、前作と同様と仮定すると、成分数は約60種になります。

シトルリンやアルギニン、オルニチンなどのアミノ酸、クラチャイダム、ロットンダ、活性乳酸菌、水溶性食物繊維などで構成されています。前作と同様ならば、他に、すっぽんやマムシ、サソリ等の動物系、ムイラプアマやワイルドヤムなどの植物系が配合されています。精力系も健康系もバランス良く配合されており、成分構成は評価できます。

特徴成分の1つがロットンダ(バンガジュツ)で白ウコンとも呼ばれ、これは生姜の仲間です。腹痛や関節痛、風邪や肥満など健康的な効果が期待できます。

他に特徴として乳酸菌や食物繊維を挙げているので、浸透力を重視して即効性が高い可能性があります。他の増大サプリではあまり着目されていない部分なので、独自性は評価できます。

これらの特徴はペニス増大作用に深く関わってこないですが、他の成分を活性させたり、体内を効きやすくする為の効力の底上げとして必要と言えるでしょう。

3タイプから1タイプへ濃縮(増大サプリのタイプ数について)

ゼクナールは3タイプ(カプセル1種と錠剤2種)から1タイプ(錠剤1種)になりましたが、タイプ数について解説します。

タイプ数は、異なった成分構成の錠剤またはカプセルが何種類あるかということ。増大サプリ商品の9割以上は、錠剤またはカプセルの1種類です。ただ、中には2タイプ、3タイプまで存在しています。

複数タイプのメリットは、それぞれが異なる成分構成にできるので、役割を持って配合ができ、体内で混ざり合った時の相乗作用などあらゆることを計算できるので、「効率・効果」に大きく影響します。1タイプと3タイプとではかなりの差があると言われています。

近年では、バリテイン221のようなソフトカプセル(生タイプ)やゼルゲインEXのタイムリリースカプセルなど更なる浸透力アップによる即効性や効率アップとなる仕掛けをもったものも存在します。ゼクナールも前作では、他とは違う溶けやすい三角形タブレットでした。

では何故、殆どが1タイプなのかというとコストの問題があります。タイプ数が増えれば当然、成分数も増え、意味ある組合せ・構成にするには研究も必要でしょう。1タイプと比較すれば、3タイプは3商品製造しているようなものです。増大サプリはどの商品も価格に差がない為、利益は最小限にしたサプリとも言え、価値があるのです。

以上の点を踏まえると、ゼクナールが3タイプから1タイプへ濃縮したのがプラスになるとは言い切れないということです。

摂取量も減ったのは大きなマイナス

ゼクナールは3タイプから1タイプになったことで、用法1日3粒から2粒になり摂取量が減ったと思われます。

摂取量によって効いてる実感が上下するのは確実にあります。もちろん効果にも影響してくるでしょう。1タイプは特に相乗作用力が低く効率が悪いので火力に結びつかず、実感力も低い傾向があるので、摂取量によって底上げしないと厳しいということです。

ゼクナールの摂取量の詳細はわかりませんが、錠剤2粒だと750mg前後です。最近では1400mg以上が主流なので少ないと言えます。同時に、これはコスパにもつながってくるので、これで13000円前後の価格は高いと言えます。

ゼクナールの購入

ゼクナールの購入

ゼクナールの購入ですが、amazonや楽天、その他ショッピングサイトでは販売されていません。メルカリやラクマ、ヤフオクでは前作は販売されているかもしれません。新しい1タイプの今作は他にはないので公式サイトで購入するしかありません。

なので価格は公式が最安となり、1箱12800円、複数購入で割引があります。最大5箱では1箱辺りが1万ちょいとなります。割引率的には他商品と比べ悪い方です。

また、1箱60粒、摂取量(内容量)的にも少なく、性能的にもコスパは良くありません

ゼクナールの飲み方

ゼクナールの購入と飲み方

ゼクナールの飲み方ですが、60粒入りなので1日2粒。一気に飲んだ方が一時的に効果実感は高まるので一気飲みがおすすめです。

1日に飲む錠数も効果に影響します。これまでの体験上では、1日1粒は最も効いてる実感力が低いのが特徴です。2粒(摂取量1000mg)以下でも実感力は低い傾向にあります。

飲む時間帯は体内が最も活発な時間帯の昼過ぎがおすすめです。効果を上げたければ、安全性を見て用法を超えて飲む量を増やしてみてもいいでしょう。

ゼクナールの増大効果の体験口コミと評価

ゼクナールの検証評価

  • 価格:12800円
  • 容量:錠剤1種 1タイプ計60粒
  • 使用方法:1日計2錠を目安
  • 成分:シトルリン、アルギニン、オルニチン、ロットンダ、クラチャイダム、水溶性食物繊維、乳酸菌など計約60種
  • 評価:★★★☆☆ 3.2/5

【前作を体験済みの人からの口コミ体験談】

浸透性を重視してる分、他の1タイプよりは多少即効性がある模様。ただ何となく元気、健康というもので勃起などの精力面の実感は低め。

全体を通して急に効果が上がってくることはなかったが、勃起しやすい、ムラムラする、1日元気だった、胃腸の調子や消化しやすいなどの実感は、夜に何回か感じられた。

やはり摂取量が少ない為か、火力や実感は弱い部分がある。ただ、動物系も割合的に配合されてる方なので、精力効果はある方だった。成分バランスがしっかりしているからだろう。

副作用は全く感じず、むしろ健康感が強いことも実感した。

正直、前作と比べると総合的に前作の方が上。やはり3タイプと1タイプとでは効率にかなりの差がある為、即効性しかり実感、火力など全て面の劣っている。摂取量も少なくなればなおさらのこと。

ペニス増大プラス計0cm!

ゼクナール体験検証結果

ゼクナールと高性能のペニス増大サプリとの比較

損得を明確にする為、ゼクナールと他のタイプや同タイプなどのサプリと効果や性能を比較してみました。

最新ゼルゲインEX(3タイプ)との比較

ゼルゲインEX DATA

ゼルゲインEX評価

  • 価格:12800円(1カ月分)
  • タイプ:3type(特殊カ3種)
  • 成分数:計約240種超え
  • 特徴:タイムリリースカプセル
  • 精力実感度:★★★★★+★
  • 安全・健康度:★★★★★+★
  • 効果発動速度:★★★★★+★
  • 2ヶ月実践:+2.8cm増大

ゼクナール DATA

  • 価格:12800円(1カ月分)
  • タイプ:1type(錠1種)
  • 成分数:計約60種
  • 特徴:乳酸菌使用
  • 精力実感度:★★★☆☆
  • 安全・健康度:★★★☆☆
  • 効果発動速度:★★★☆☆
  • 2ヶ月実践:+0cm増大

比較から損得を知る為、ゼクナールと最も効果が高かった最新のゼルゲインEXを比較しました。性能や価格面など全ての面でゼルゲインEXが上回っていることがわかります。

ゼクナールはスペック的には1タイプ、成分数60種(推測)。特徴はロットンダや乳酸菌、食物繊維による浸透力の重視で即効性を高めていること。他にはない特徴として評価できます。検証体験からは即効性は見られたものの、効率の悪さが影響し火力など全体的に効果は低めでした。摂取量の少なさも関連しているでしょう。

ゼルゲインEXは3タイプ、成分数が業界最大の240種超えで、更に吸収率、増大効率を高めるタイムリリースカプセルや摂取量2400mgという点で、即効性や火力など全ての面で文句なし。検証体験でも膨張による増大効果が見られました。

体内での成分同士の相乗作用や目的をもった3タイプが増大効率に大きな差をもたらしている結果でしょう。

同じ値段ですが、倍以上の内容量、多くの付加価値などの性能、実際の効果からもゼルゲインEXを選んだ方が得です。

有名増大サプリの比較表
他の有名増大サプリと比較して、ゼクナールはブラビオンSやペニブーストプレミアムなどと同等です。

ゼクナールまとめ

ゼクナールは前作3タイプからあえて1タイプにし凝縮。しかしこれはスペックダウンと予想し効果に影響すると予想しましたが、検証体験からその通りの結果でした。摂取量が少ないことも影響しました。ただ、そこまで効果力が落ちなかったのは、成分バランスが良く、他にはない形で吸収力を高めたからでしょう。

やはりゼルゲインEXなどの3タイプかつ成分数が多く、摂取量が多いものと比べると、全体的に劣るのは確かでした。内容量も少なく、価格も3タイプと変わらないとなると厳しいです。成分バランスはトップクラスに良いので、1タイプの中であれば有能商品と言えるでしょう。

コメント