包茎の悩みを早期に解消するには、包茎手術が効果的です。
こうした治療を受けることで、見た目の悩みも解消できますし機能がアップすることも期待できます。
包茎治療もやはり手術になりますので、治療費用が気になるという人もいるのではないでしょうか。
包茎手術は医療行為ですが、保険適用できる例もあれば自由診療となることもあります。
それだけでも、費用は大きく変わってきます。
ここからは、包茎手術の費用の相場や料金の支払い方法について書いていきます。
包茎手術を希望している人、料金の不安を解消したいという人はぜひ参考にしてください。

保険適用できる場合がある

包茎手術をすれば、見た目も良くなりますし、性機能がアップするなど様々なメリットがあります。
できるだけ早く治療を受けて悩みを解消したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
治療で満足な結果を得ている人もいれば、トラブルが発生する例もあるといわれています。
そのトラブルのひとつには、料金の問題もあります。
予想していたよりも、高額な費用を請求されて困ったという体験談などもあり、不安を感じている人もいるのではないでしょうか。
まず、包茎治療は保険適用でできる場合もあります。
仕上がりの良さはそれほど重視しない、包茎を改善できれば良いと考える人は、保険適用の治療も検討してみてはいかがでしょうか。
保険適用で包茎治療ができる例では、まずは真性包茎があげられます。
これは、平常時でも勃起時でも亀頭を露出できない状態です。
こうした症状になると恥垢もたまりやすくなり、臭いも発生しやすくなります。
さらに、雑菌が内側にたまりやすくなるので、炎症も起きやすくなってしまいます。
さらに、性行為の際にも不具合が発生しやすいのも真性包茎のデメリットです。
保険適用できる例かどうかは、医療機関で判断されますので、まずは診察を受けてみましょう。

泌尿器科に相談しよう

保険適用で包茎治療を受けるなら、まずは泌尿器科で相談してみましょう。
真性包茎と判断されれば保険適用になる可能性が高いといえますが、このほかでも保険適用になる例はあります。
それが、カントン包茎と呼ばれる症状です。
カントン包茎の場合は、普段は亀頭を露出することができますが、勃起時には痛みを伴い、亀頭が締め付けられるような違和感があります。
場合によっては、壊死が起こることもあるといわれていますので、こちらも早急に治療をしておきたいところです。
カントン包茎の場合も、医師が治療を必要と判断した場合は保険適用になります。
保険適用では、どれぐらいの治療費になるのかも知っておきたいところですが、クリニックによって違いはあるものの3~5万円程度でできることが多くなっています。
手術とはいえ、入院を必要としませんので余計な入院費がかかる心配もありません。
手術費用だけではなく、初診料や治療前の検査費用、さらにアフターケアの代金なども発生します。
提示された治療費にこうした費用が含まれているのか、手術費用だけなのかもよく確認しておきたいところです。
複数の医療機関で比較することも、相場を知ることにつながります。

自由診療を選ぶこともできる

保険適用の治療を選べば、治療費は安く抑えることができます。
治療費がとにかく安ければ良いと考える人はこうした治療を選ぶこともできますが、傷跡が目立つことや仕上がりが不自然に見えることに不安を感じる人もいるのではないでしょうか。
保険適用できる症例であっても、希望があれば自由診療の治療を選ぶことができます。
自由診療では、包茎を改善することはもちろん、見た目の良さも重視していますので、より満足な仕上がりを得ることができます。
傷も目立たず、手術をしたことがわからないような自然な仕上がりが得られるのは自由診療のメリットです。
費用のことは特に気にならないという人は、料金はやや高くても、自由診療の高品質な手術も検討してみましょう。
自由診療ではどれぐらいの費用が発生するのかも気になるところですが、選ぶ治療方法によっても費用は変わってきます。
自由診療では、10万円~30万円程度はかかると考えておきたいところです。
同じような手術でも、クリニックによって費用は変わりますので、複数のクリニックで比較しておきましょう。
支払い方法は、カードや医療ローンなども用意されていますので、各クリニックではどんな支払い方法が用意されているのかも確認しておきたいところです。

まとめ

包茎手術の費用がどれぐらいなのかも気になるところですが、保険適用できる例であれば治療費の負担はかなり抑えられます。
とはいえ、保険適用の治療は見た目についてはあまり重視されないので、希望の仕上がりを得られない可能性もあります。
保険適用できる症例でも、希望すればより高品質な自由診療の包茎手術を選ぶこともできます。
同じような治療でも、医療機関ごとに治療費は変わりますので複数のクリニックで比較して、相場を調べておくこともおすすめです。
一括での支払いが難しい場合は、カード払いやローンを選ぶこともできますので、支払い方法も確認しておきましょう。